タバコの禁煙に成功した方法

 

ニコレットパッチ

ニコレットパッチとは、おなかや背中、腕に貼り付けておくことで、禁煙中に現れる禁断症状が楽になるというものです。医療用として、医師の指導の下で使用するニコレットパッチと、薬局や薬店で購入できるニコレットパッチとがあります。

 

医療用のものは、貼ってさえおけば、効果が安定しています。市販のものは、薬局で気軽に買えるというメリットがありますが、医療用にくらべて低い用量になります。もし、市販のもので禁煙ができなかった場合は、医師に相談して医療用のものを処方してもらうことが大切です。

 

医療用のニコレットパッチは、朝起きたときに貼り替えるだけでよく、とても便利です。サイズが大・中・小のものがあり、サイズが小さいものになればなるほど、含まれているニコチンの量も少なくなります。禁煙に慣れてから、徐々にサイズの小さいものに変えていくことで、体内に吸収されるニコチンの量を減らすことができます。

 

一方、市販のニコレットパッチは「禁煙6週間目まで」「禁煙7〜8週目まで」「禁煙9〜10週目」に使うものが、それぞれ販売されています。禁煙の状況に応じて使っていくことになります。朝にパッチを貼り、寝る前に剥がすという形で使用することになります。

 

市販のニコレットパッチは「気軽に手に入れられる」というメリットはあるのですが、禁煙外来で医師や医療スタッフと共に禁煙を進めていく場合に比べて、孤独感があります。誰にも見られていないだけに、気の緩みもあるかもしれません。

 

もしも、市販のニコレットパッチを使っても、禁煙がうまくいかない場合には、パッチの効果の問題だけではなく、心理的な問題もあるかもしれませんので、禁煙外来を利用するのも良い方法です。

 

>>次のページ