タバコの禁煙に成功した方法

 

喫煙のリスク

喫煙にはどんなリスクがあるのでしょうか。たとえば、動脈硬化の進行、ガン、呼吸器系疾患、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、歯周病、老化、肌荒れ、脱毛など様々なリスクがあるのです。

 

タバコを吸うことで、末梢神経の収縮や血圧の上昇が起こりやすくなります。そのため心臓への負担が大きくなります。また、ニコチンを体内に取り入れることで、悪玉コレステロールの働きが活発になり、動脈硬化が起こりやすくなるのです。この2つの相乗効果により、狭心症・心筋梗塞、脳梗塞・脳出血などの重大な病気を引き起こしてしまうリスクが高まるのです。

 

また、タバコを吸うことで肺ガンのリスクが高まることはよく知られていますが、実は肺ガンに限らず、あらゆるガンのリスクが高まるのが、タバコの怖いところです。タバコには、40種類以上の発ガン性物質が含まれていますので、肺ガンに限らず、あらゆるガンのリスクが高まると思ったほうが良いでしょう。

 

タバコを吸い続けている人には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)にかかるリスクが高まります。COPDはかつて「肺気腫」「慢性気管支炎」などと呼ばれていたものです。肺気腫は、喫煙をする高齢者で男性に多いとされています。

 

喫煙により、血流が悪化しますので、胃腸の粘膜が必要とするだけの血液が、供給されないことも起こり得ます。また、ニコチンの作用により、胃酸が過剰に分泌されることがあります。これらの相乗効果により、胃壁などが傷つけられ、潰瘍ができるリスクが高まるのです。

 

>>次のページ