タバコの禁煙に成功した方法

 

ニコレットガム

ニコレットガムは、ニコチンが切れたことで、どうしても「タバコを吸いたい」という気持ちになったときに、吸いたい気持ちを抑えるのに役立つガムです。

 

ただ、ニコレットガムには「使い方」がありますし、もともとの喫煙本数に応じた「適切な量」もあります。用法や用量を確認して使わなければ、高いお金だけ払って効果が出づらいということになります。

 

まず大切なポイントは「タバコを完全にやめて、ニコレットガムを使用する」ということです。喫煙もやめられないうちに、ガムも噛むというのは、よくありません。ニコレットガムはまず口に入れたら15回ほど噛みます。内部にくるまれていたニコチンが出てくると、ピリッとした味が感じられた噛むことをやめて、頬と歯茎の間にガムを挟んでおきます。これを繰り返しながら、30分〜60分かけてゆっくり噛むのが、使用のコツです。

 

ニコレットガムは、1日最大24個までの使用にとどめ、徐々に減らしていくことが大切です。1日に31本以上の喫煙をしていた人で1日9〜12個が適量ですし、21〜30本だった人は6〜9個、20本以下だった人は4〜6個が適量とされています。初めはこの範囲からはじめ、禁煙に慣れてきた頃に、1週間ごとに1〜2個ずつ減らしていきます。

 

「ニコチンを体内に取り入れることに変わりはないのでは?」という疑問もあるかもしれません。ただ、タバコにはニコチン以外にも、タールや一酸化炭素などの有害な物質が含まれています。ガムを利用することで、ニコチン以外の有害物質からは遠ざかることができるメリットがあります。

 

>>次のページ